大切な家族である愛犬を
『優しく』『安心』に守る。

安全に守る01

愛犬とドライブ。愛犬の命を守るために大切なこと

ドライブ中に確実に愛犬を守る一番良い方法は、クレートに入れラゲッジルームなど安定した場所に置くこと。ある程度狭い方が(クレートの中で一回転できる広さ)、車の遠心力などで揺さぶられることが少なく車酔いもしにくくなります。また、急ハンドル、急ブレーキ時の衝撃もクレート内は最小限にしてくれます。絶対やってはいけないのは愛犬を膝の上や助手席に乗せることです。思いもかけない犬の行動が、大きな事故を招く危険があります。さらにエアバッグが作動した場合は、愛犬が圧迫され大けがをしてしまうこともあリます。または窓を開けた途端に飛び出してしまうかもしれません。愛犬が安心していられることで、私たちも運転に集中し事故を未然に防ぎます。

安全に守る02

室内での安全対策

クレートは愛犬の安全にとても有効です。家の中には犬にとって危険なものがいっぱい。ストーブや電気コードへの接触、クリップや輪ゴムなど小物の誤飲を防いでくれます。飼い主の留守中や就寝時に、クレートは愛犬を危険からしっかりと守ってくれます。